彼岸法要

大阪の天王寺を建立されたのは、聖徳太子さまです。

聖徳太子は日本に仏教を招来された方です。

当時、難波(なにわ)は国際貿易港して

中国や朝鮮半島に対する外交拠点だったのでは、

ないかと思われます。

そこに荘厳な仏教施設を建立することは、

政治的にも意味があったのでしょう。

さて、この天王寺の西門の額に聖徳太子が、

「釈迦如来説法の所なり。極楽浄土東門の中心に当る。」

と書かれました。

極楽浄土を目指し、憧れる人々が集まって、

「彼岸会」が盛大になったそうです。

『彼岸功徳成就経』というお経に、この彼岸会の期間に

善行を精進して積みなさいと書かれています。

理由は、仏様をお守りしている梵天さまや帝釈天さまが、

この期間の人間の行状を記録している。

からと書かれています。

この時期は、悪いことをしないで、いいことをする。

親孝行、先祖供養をしないさいとなるわけですね。

地獄へ行くことになったら、さあ大変。

その点、浄土教の教えは、有難いですね。

あるがまま!!

阿弥陀さまのお誓いを信じて、いたら救われる。

暑さ寒さも彼岸までという言葉がありますが、

この一番快適な時期に、向う岸(彼岸)にある先祖を想い、

自らの極楽往生を阿弥陀さまに願ういい季節なのかもしれませんよ。

生前戒名・葬儀・納骨は浄光寺


生前戒名、送骨納骨は八千代の葬儀の浄光寺

全国永代供養墓ネット 

本院(千葉ニュータウン)

〒270-1359 

千葉県印西市木刈5丁目1515-7

☎ 050-3717-3079

☎   050-3701-5556

 

 

提携永代供養墓

 

華典霊園

山形県鶴岡市中山字石川原

 

大法寺

愛知県愛西市稲葉町江頭10番地

  

雲居寺

新潟県三条市北潟甲1013番地